交通事故が人に与える影響

ニュースでよく目にする交通事故は、減ることはありません。飲酒運転による事故や、今話題の脱法ハーブを使用後の運転による事故、暴走運転による事故、ゴールデンウィークなどの繁盛期による事故、など挙げればキリがありません。

どんなに運転している本人が気を付けていても、もらい事故を起こすこともあります。車は便利な乗り物ではありますが、車に乗っている限り凶器を身につけているのと同じ意味を持ちます。そのため、各個人が自覚と責任を持ち運転する必要があります。

もし自分自身が事故を起こした当事者だとすると、法律による罰則はもちろんのこと一生事故を起こした被害者と被害者家族に対しての謝罪の気持ちを持ち続け、自責の念にかられることでしょう。

被害者であった場合にも命を奪われたり障害を持ったならば、今後の未来に希望を持てなくなるでしょう。海外と比較し、日本は交通規制もなされており交通安全週間なども設けてあるものの、事故による死亡者は多数います。そのため運転手は安全運転を心がけ、歩行者等も安全に歩行する必要があります。

 

保険会社の示談交渉

交通事故の慰謝料は、交通事故の弁護士が介入することで、保険会社に訴訟並みの慰謝料を請求することが確かに可能となりますが、ケガの具合によっては、保険会社の提示した示談金で承認したほうがいい場合もあります。

交通事故の弁護士などの専門家に交渉をお願いする場合、交通事故の被害状況を詳しくお聞きして、慰謝料の方がいいのか示談がいいのかを丁寧に教えてくれます。

確かに交通事故の弁護士は交通事故問題の専門家なので、依頼を受ければ被害者であるあなた様の示談交渉を進め全力を尽くしてくれます。訴訟まで発展すれば、それだけ依頼する期間も長期化するので、弁護士費用も当然大きくなってきます。

交通事故の弁護士は訴訟まで発展させ、慰謝料請求をしたほうがいいのか示談交渉で承認したほうがいいのか、被害者にとってどちらが最善の道かを、今までの実績から得た知識であなたが取るべき方向を示唆してくれます。こうした意味でも交通事故の弁護士に相談してみることはとても大切なのです。

 

明日はわが身の交通事故

交通事故はある日突然巻き込まれてしまうので、被害が重大になる傾向があります。また、ドライバーの側から見れば、自分が交通ルールを守っていても他の車両が引き起こした交通事故の巻き添えを食う可能性があります。

交通事故は誰にでも起こりうる災難ですが、万が一の事態に陥った場合の金銭的損失について正確に把握しておくことが大切です。交通事故の慰謝料は被害の状況に応じて変わりますが、一般的には人身事故は支払う慰謝料が高額になる傾向があります。そのため、自動車保険の多くは対人補償を充実させていることをアピールしています。

また、自転車などの軽車両も事故を引き起こして損害を与えた場合、慰謝料を支払う必要があります。軽車両が原因の交通事故も、基本的には乗用車の事故と対応は変わりません。対人補償の金額は膨大なものになるケースが多いので、自転車を使用している人は対人補償が充実した保険に加入することが金銭トラブルを回避するための心得です。